椎間板障害の症状から治療法

椎間板障害と診断された方

PR 椎間板の痛みに免疫ミルクのサステナ

椎間板障害の治療法

椎間板障害を治療するにあたり、一番肝心なのは椎間板障害になっている原因は何なのかというのを探さなくてはいけません。

痛みがあるのか、痺れがあるのか、脚が痛むのか、歩けないほどの痛みなのか、それによって治療法は変わってきます。

椎間板障害はひどくなると医師から手術を勧められることもありますが、手術をしたからといって痛みが取れるとはかぎりませんし、手術をしても腰痛が再発したという話は本当によく聞きます。

手術をしないで椎間板障害を治療したい方には福辻式ストレッチを推奨しています。
腰痛改善ストレッチ

この方法は手術や薬に頼らず、凝り固まった周辺の筋肉をピンポイントでほぐし、腰痛をとる方法です。

椎間板ヘルニアや障害、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの症状の自宅で出来る治療法として注目を浴びているストレッチです。
⇒腰痛治療法の続きを見てみる

椎間板障害とは

整形外科など病院に行き、「椎間板障害」と診断する医者がいますが、その椎間板障害とはどのような症状でどのような治療法が必要なのか、椎間板ヘルニアとの違いは何なのか、詳しく答えてくれる医者は少ないと思います。

医者は腰痛患者に対しては、まずヘルニアであるかどうかを調べます。腰痛=ヘルニアの方程式が出来上がっているようで、ヘルニアまではいかないけど、ヘルニアのような症状がある時などに椎間板障害という診断が出されます。

臀部から脚にかけて痛みがある方

臀部が痛む、足が痛い、痺れがある場合は坐骨神経痛の疑いがあります。
続きを読む

脊柱管狭窄症と診断された方

現在、脊柱管狭窄症と呼ばれているものは元々、椎間板障害と呼ばれていたものです。
続きを読む

Copyright (C) 椎間板障害の症状から治療法. All Rights Reserved.