イタリア旅行時の言葉について

イタリアで日本語は通じるのか?
新婚旅行に行く前はイタリア語の勉強を少なからずやりましたが、まったくといっていいほど現地で片言のイタリア語は通用しませんでした。

買い物の際は、欲しい物に指をさしてウノ(1)とかドゥエ(2)ばかり言って買い物していました。店員が言っている言葉もほとんど理解できず、6ユーロと言われてもまったく聞き取れませんでした。6ユーロの発音はセイエウロになるのですが、何を言っているかさっぱりでした。

日本語ですが、ローマではレストランで通じるお店もあり、日本語のメニューを置いているお店もありました。私達を見て「ナカータ!!」と叫んでいる人もいましたし・・
ナポリではほとんど通じる事はなく何とか片言の英語で応対していた感じです。

海外旅行に行って日本に帰ってくると必ず「勉強しよう」と思うのですが、いつもおろそかになってしまいます。イタリア語、もしくは英語を喋る事、いや喋れなくても少しでも聞き取れる事ができると、きっともっと楽しい旅行になっていたかな?と思っています。

関連ページ

時差について 人について 気候について イタリアの土産 HOMEへ戻る

Copyright (C) ナポリ&ローマの新婚旅行記. All Rights Reserved.