カプリ島での食事

カプリ島は一日観光ツアーで行っていたので、食事も含まれていました。席も用意されてあり従業員のイタリア人も日本語が達者で日本人慣れしている感じがありました。ナポリではほとんど日本語が通じずに四苦八苦していましたが、カプリでは同じ日本人のツアーガイドの方と観光客の方と一緒だったので、少しホッとしました。料理は前菜(パスタかリゾット)、メイン(お肉かお魚)と選ぶ形だったので2人で4種類を頼みました。

リゾットはたことトマトのリゾットで、イタリアに来て初体験のリゾットでしたが、日本ではよくアルデンテで仕上げるといわれていますが、想像していたよりもやわらかくて食べやすかったです。
たこのリゾット

パスタはおなじみのペンネアラビアータでした。辛さも抑えていて日本人の口に合うように味付けしてくれているという感じでした。
ペンネアラビアータ

メイン料理はお魚のフライと豚肉のソテーでした。団体用の食材かな〜?という感じが出ていますが、味は悪くなかったです!
豚肉のソテー

お魚のフライ
ナポリに戻り夕食場所をどこにしようか悩んでいましたが、この日はサッカーワールドカップの決勝戦、イタリア対フランスの試合がありお休みの店が多かったので私達もピザを買い込んでホテルでご飯を食べることにしました。

関連ページ

カプリ島へ ワールドカップサッカー HOMEへ戻る

Copyright (C) ナポリ&ローマの新婚旅行記. All Rights Reserved.